米国では、ドライブレコーダーの合法性は設置場所によって異なります

車にダッシュカムを取り付ける前に、居住地でダッシュカムを使用することが合法かどうかを知る必要があります。これらのデバイスは多くの州で合法ですが、2つの重要な法的な問題が問題を引き起こす可能性があります。

ドライビングレコーダーを使用する:

  1. フロントガラスの視界を遮っていませんか?
  2. 電子監視に関連します。

米国では、州ごとに2つの問題の扱い方が異なるため、ダッシュカムの使用を開始する前に、お住まいの地域の法律を理解する必要があります。

合法性

ドライビングレコーダーの最初の法的な問題は、それらのほとんどがダッシュボードに接続されていないが、吸盤を介してフロントガラスに接続されていることです。

しかし、米国の多くの地域では、 GPSナビゲーションデバイスドライビングレコーダーなどの機器がフロントガラスで覆われているエリアには、明確な規制があります。

ドライブレコーダーが運転席側の5インチ四方や助手席側の7インチ四方を覆い隠していると、大変なトラブルになる可能性があります。一部の地域にはさらに厳しい制限がありますが、他の地域には制限がありません。したがって、お住まいの地域の法律または地方自治体の規制をチェックして、すべてが正常であることを確認することをお勧めします。

もう1つの安全なアプローチは、地元の法執行機関または現場での経験を持つ弁護士に相談することです。

この点で、多くの法域では、地域の法律や規制へのオンラインアクセスを提供しています。

フロントガラスの状態でダッシュカムを取り付けることは禁止されています

米国のほとんどの州では、ダッシュカムやその他のデバイスをフロントガラスに取り付けることは違法ですが、いくつかの例外があります。

この質問の焦点は、それがドライバーの道路視界を妨げるかどうかです。一般的に言って、いくつかの法律はフロントガラスの障害物に関連していますが、他の法律は日焼け止めやステッカーを規制するように設計されています。それにもかかわらず、彼らはしばしば漠然とした言葉を使用しますが、それは障害を含む可能性があります。

ドライビングレコーダーがフロントガラスではなくダッシュボードに取り付けられていても、ドライバーの視界を遮っていると思われる場合は違法である可能性があります。

この問題に関する州法は、次の3つのカテゴリに分類されます。

  • フロントガラスの妨害を具体的または漠然と禁止している州、
  • フロントガラスの障害物となる可能性のある部分の状態を指定し、
  • フロントガラスの障害物の状態についての言及はありません。
フロントガラスの障害物は禁止されていますアラバマアーカンソー、コネチカット、デラウェアフロリダジョージアアイダホアイオワカンザス、ケンタッキー、ルイジアナ州マサチューセッツミシガンミシシッピ、モンタナ、ネブラスカニューハンプシャーニュージャージーメインニューメキシコ、ニューヨーク州、ノースダコタオハイオ,オクラホマ,オレゴン,ペンシルベニア,ロードアイランドサウスカロライナサウス・ダコタテネシーテキサスバージニアワシントン、ウェストバージニア州、ウィスコンシンワイオミング
フロントガラスの障害物制限アラスカアリゾナカリフォルニアコロラドハワイイリノイインディアナ、メリーランド、ミネソタネバダユタバーモント
制限や言及なしミズーリノースカロライナ州
ドライバーの視界を遮るドライビングレコーダー
ドライバーの視界を遮るドライビングレコーダー

どの法域においても、窓の設置およびインストルメントパネルの設置設備の合法性はいつでも変更される可能性があります。一部の州では、今日フロントガラスを設置することは合法ですが、明日はそうではない場合があります。フロントガラスに道路の視界を妨げるものを設置する場合は、まず弁護士に相談するか、関連する規制や法律をお読みください。

電子監視の問題

ドライブレコーダーは技術的には監視の一形態であるため、住んでいる場所によっては、電子監視法に違反したり、地域にデータ保護法がある場合があります。

米国には、ダッシュカムに関する連邦法がありません。ただし、秘密の録音には連邦法があり、参加者全員の知らないうちに車内で会話を録音する場合、ダッシュカムを使用することは違法となる可能性があります。

コメントを残す

エラー: コンテンツは保護されています!!