メールアドレスとそれに関連する詳細を検索して見つける方法

インターネット上で誰かのメールアドレスを見つけるには、次の2つの方法があります。

  1. 誰かがメールアドレスを持っていますか?もしそうなら、メールアドレスは何ですか
  2. 誰のメールアドレスが属しているのか知りたい

メールアドレスは知っているが、誰のメールアドレスか知りたい場合は、それを実装する必要があります逆検索それを調べて、名前がメッセージに関連付けられている人を確認しましょう。

誰かを知っているが、その人が電子メールアドレスを持っているかどうか、そして彼/彼女の電子メールアドレスが何であるかを知りたい場合は、検索ツール見つけるために、このツールは名前を見つけるだけでなく、電子メールアカウントも見つけることができます。

これらの電子メール検索手法は両方とも実行可能ですが、すべてのツールに両方の方法が同時に含まれているわけではありません。ただし、どのように見つけても、次のすべてのリソースと方法が必要です。

通常のウェブ検索エンジンを使用して検索

使用する通常の検索エンジン調べる。 Googleを例にとると、次の図に示すように、Google検索ボックスにメールアドレスを入力します。

Googleでのメールの逆検索

メールアドレスは一意であるため、2人で同じメールアドレスを持つことはできません。メールに一致する検索結果がGoogleなどの検索エンジンで見つかった場合、そのページにはその人の詳細情報が含まれている可能性があります。

名前を知っていて、その人のメールアドレスを見つけたい場合、Googleを使用して検索する最も簡単な方法は次のとおりです。「フルネーム」メール:

「マックススコット」メール

Googleの検索結果は次のとおりです。

Google検索のメールアドレス

ただし、比較的正確な検索結果を見つけるには、名前(または学校、会社)を引用符で囲んでください。

特定のWebサイト内でビジネス関連の電子メールアドレスを検索する場合は、次の手法を使用できます。

サイト:***。cominurl:about

誰かのメールアドレスを見つける方法

専門の検索エンジンを使用して

グーグルのような一般的な検索エンジンは一度に多くのウェブサイトを検索できるので便利ですが、メールアドレス検索用に特別に構築された検索エンジンもあります。

一部の検索エンジンはメールアドレスで検索して誰に属しているかを確認できますが、他の検索エンジンは自宅の住所、名前、ユーザー名、電話番号などの他のコンテンツを使用して検索を実行でき、システムは関連するメールアドレスと誰に通知します重要です。

誰でも見つけることができる13の専門的なウェブサイト

例えば、TruePeopleSearch名前、電話番号、住所など、誰かのメールアドレスを無料で見つけることができます。その人を見つけたら、考えられるメールアドレスなど、その人に関する多くの情報も表示されます。

TruePeopleSearchを使用してメールアドレスを検索します
TruePeopleSearchを使用してメールアドレスを検索します

確認済みまた、このようなプロの検索エンジンですが、無料ではありません。このWebサイトでさまざまな方法で人事情報を検索し、すべての電子メールアドレスのリストを確認できます。

メールのドメイン名を確認して見つけてください

この方法は、GmailやYahooなどの公開メールアドレスには適用されません。

ただし、電子メールアドレスが無料のメールサービスプロバイダーからのものでない場合は、メールボックスのサフィックスを調べて検索範囲を絞り込み、電子メールユーザーが誰であるかを確認できます。

例として、次の電子メールを取り上げます。

***@example.com

一見すると、このタイプのメールボックスは専用であり、範囲は非常に明確です。

ユーザー名と@の後に、このメールアドレスをホストしているウェブサイトがexample.comであることがわかります。ブラウザのアドレスバーにドメイン名を入力し、このWebサイト内のWebサイトのスタッフの連絡先ページを確認すると、この電子メールアドレスが見つかる可能性があります。サイトにアクセスして、従業員を一覧表示する通常の連絡先ページがあるかどうかを確認できます。 、そのうちの1つはこれがページです。

メール自体で検索

この方法はさらに簡単です。電子メールの送信者の名前を確認してください。

読み方がわからない場合は、このメールに返信すると、メールのヘッダーに情報が表示されます。次に、メールの名前と名前を相手に直接尋ねます。相手が故意にそれを秘密にしているのなら、それは別の問題です。

別の方法は、電子メールの署名を確認することです。ほとんどの企業は、従業員が自分の名前やその他の連絡先情報を署名に含めることを要求または推奨しています。署名は通常、電子メールコンテンツの下部にあります。次に例を示します。

ジョン・ドウ
XYZ社
john.doe@xyz.company
555-123-4567

すべてのメールアドレスが追跡可能というわけではありません

上記のメールアドレス検索ツールと方法を使用した後も手ぶらで帰宅する場合は、すべてのメールアドレスの詳細が公開されているわけではないため、簡単に行うことはできません。

実際、匿名用に特別に作成されたメールアドレス(ツール)もあれば、使用後に破棄される「使い捨てメールボックス」もあり、そのようなメールアドレスを見つける方法はほとんどありません。

コメントを残す

エラー: コンテンツは保護されています!!